タグ別アーカイブ: 専門家

クリニックの事業承継⑫ 事業承継における専門家とは?

後継者の学校のパートナーの児玉秀人です。

私はクリニックの相談にのらせていただくことが多いです。クリニックの経営は財務のこと人事採用教育のこと、相続問題にマーケティングのことなど相談事は多岐にわたります。クリニックの事業承継は一般と何が違うのでしょうか。そのあたりをつづっていきたいと思います。本日は、事業承継における専門家についてです。

 

後継者の学校のパートナーコンサルタントの児玉秀人です。

 

事業承継の相談は誰にしますか?

一般的に多いのは顧問税理士の先生ではないでしょうか。

 

特に現院長、理事長にとって、顧問税理士さんは大切なブレインですよね。

実際に相談される経営者も多いそうです。

 

他には経営コンサルタントや生命保険の営業マンに相談するケースもあります。

M&Aコンサルタントと称して、クリニックや病院を扱う人もいます。

銀行や金融機関に相談する人もいるかもしれません。

 

これらの専門家と言われる人たちに相談した結果・・・

以下のような意見が圧倒的に多いのが現実です。

 

・自分の本当の悩みに応えてもらえない

・親身になってもらえない

・専門的な方法は教えてくれるが、大きな方向性についてのアドバイスがない

・譲る側の視点ばかりで、受け取る側(後継者)の視点が抜けている

・事業承継と経営の可能性を拡げてくれない

 

なんとも暗い話ばかりです。

 

しかし、それは仕方のないことかもしれません。

「専門家」と言われる人たちは、ある特定の分野の「専門家」なのです。

 

税理士さんは税金の専門家ですが、あまりにも範囲が広すぎて

それぞれの得意分野が違います。

 

事業承継においては「相続税」(これも怪しい人がいますが・・・)は

詳しく教えてくださいます。

 

経営コンサルタントは「マーケティング」に特化している方が多く、

財務に強い方は少なく感じます。

 

生命保険の営業マンも「相続」に関して詳しい方はいますが

経営に関しては知識のばらつきは大きいです。

 

M&Aコンサルタントとは直接的な売り買いの話になるので、

評価に愕然として悲しくなってしまう経営者もいます。

そこには後継者の介入の余地がないことが多いです。

 

 

これらの専門家に相談することも有効な場合がありますが、

いずれも抜けている視点があります。

 

 

それは

「後継者経営」

「次世代経営」

の考え方です。

 

事業承継とはどんなに最高の形で引き継ぎをしたとしても

後継者が会社を潰してしまったら「失敗」です。

 

このグランドデザインなくして

「専門家」と呼ばれる職人たちの出番はないわけです。

 

 

このグランドデザインをする「プロフェッショナル」は誰でしょうか?

 

それは紛れもない「後継者自身」なのです。

まずは後継者自身の学びと成長のためになる人たちと同じ悩みを抱える同志に相談しましょう。

 

後継者の学校はそんな「環境」を用意してお待ちしております。

 

 

このエピソードに胸がざわついた

そんな後継者(経営者)の方! まずは

後継者インタビューを受けてみてはいかがですか?

無料で受けられて、気持ちがすっきりするとのお声をいただいております。 後継者インタビューについては下記から詳細をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://school-k.jp/interview/

 

 

 

「後継者と共に強い会社をつくるヒトとおカネの専門家」

児玉秀人でした。

 

メディカル、デンタルのサポートをしています。

「クリニックの財務が劇的によくなる秘密の方法」教えます。

 

財務状況を改善したら次はヒト。

「業績が30%向上する人事評価システム」教えます。

私が得意なのは以下です。

 

・人材採用・育成相談、人事評価システムの提供

・資金調達のための経営改善計画書の作成

・設備投資と事業計画に基づいた財務計画の策定

・Web戦略相談など

 

クリニックの事業承継⑦ 経営者(大先生)のすべきこと

後継者の学校のパートナーの児玉秀人です。

私はクリニックの相談にのらせていただくことが多いです。クリニックの経営は財務のこと人事採用教育のこと、相続問題にマーケティングのことなど相談事は多岐にわたります。クリニックの事業承継は一般と何が違うのでしょうか。そのあたりをつづっていきたいと思います。本日は経営者(大先生)のすべきことについてです。

 

後継者の学校のパートナーコンサルタントの児玉秀人です。

 

クリニックの事業承継、主体となるべきは後継者になります。

しかし、多くの専門家たちの姿勢として

事業承継は「大先生」が主導するべき

だと考えています。

 

それはなぜでしょうか?

 

専門家はその専門性を生かして

クリニックをサポートするから

 

・・・です。

 

例えば税理士さん

税理士さんは税務の専門家です。

 

税金を正しく計算し、正しく申告することが

税理士さんの本分です。

 

事業承継においてその専門性を生かすとすれば

やはり「相続税」についてではないでしょうか。

 

無論、相続税については避けては通れない

重要な要素ではあります。

 

その時に税理士さんに活躍してもらうことは

当然と言えます。

 

 

しかし、事業承継とは

「院長(理事長)が交代すること」

だけではないはずです。

 

そのには5つのフェーズがあります。

 

1つ目は後継者選択

2つ目は後継者確定

3つ目に院長交代

4つ目に後継者経営

5つ目に次世代経営

 

このすべてを俯瞰して最適な判断をしていくことが重要です。

 

ここではひとつづつ詳しくは書きませんが、

3つ目の「院長交代の際に必要となる専門的サポート」を

提供するのが専門家ですから

 

そこに依頼側の大先生との認識のギャップがあります。

 

そして次世代経営をしていくのは

大先生ではありません。

若先生になります。

 

ずばり、大先生のやるべきこととは

「若先生の自立を促すサポーター」であることです。

出しゃばらないことです。

 

手続きなどお金さえ払えばすぐに頼めます。

焦ることはありません。

若先生に任せてみましょう。

 

良かれと思って若先生をスポイルしてませんか?

 

 

 

このエピソードに胸がざわついた

そんな後継者(経営者)の方! まずは

後継者インタビューを受けてみてはいかがですか?

無料で受けられて、気持ちがすっきりするとのお声をいただいております。 後継者インタビューについては下記から詳細をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://school-k.jp/interview/

 

 

 

「後継者と共に強い会社をつくるヒトとおカネの専門家」

児玉秀人でした。

 

メディカル、デンタルのサポートをしています。

「クリニックの財務が劇的によくなる秘密の方法」教えます。

 

財務状況を改善したら次はヒト。

「業績が30%向上する人事評価システム」教えます。

私が得意なのは以下です。

 

・人材採用・育成相談、人事評価システムの提供

・資金調達のための経営改善計画書の作成

・設備投資と事業計画に基づいた財務計画の策定

・Web戦略相談など

事業承継によくある話「専門家に相談すると・・・」

後継者の学校の代表の大川原基剛です。

事業承継って、社会的にいろいろと取り上げられていますし、事業承継支援をしているという専門家の方はたくさんいますが、実は事業承継の本質がわからずに支援している専門家の方が結構いらっしゃいます。

そんな専門家に事業承継の相談をした際によくある光景を5つ上げてみました。

 

こんにちは

後継者の学校の代表の大川原基剛です。

事業承継って、社会的にいろいろと取り上げられていますし、事業承継支援をしているという専門家の方はたくさんいますが、実は事業承継の本質がわからずに支援している専門家の方が結構いらっしゃいます。

事業承継と相続がごっちゃになっている専門家がそうなってしまう可能性がありますが、

そんな専門家に事業承継の相談をした際によくある光景を5つ上げてみました。思い当たる節ありませんか?

 

①本当の悩みに応えてもらえない。

本当の不安や悩みは表面に出ていないので、注意深く観察しなければわかりませんし、事業承継について本質的な理解をしていないと、悩みがあることすらわからないかもしれません。

専門家は、不安や悩みをじっくり聞いて本当のところに応える努力をするよりも、持てる知識とテクニックをどう駆使しようかと考える傾向があります。

②相談しても親身になってもらえない。

後継者は何もしらない、何もできないと思い、上から目線で「こんなこともわからんのか」「自分の方が会社のことわかっているから言うこと聞け」とか態度に出てしまう専門家・・・。いますいます。

本当にたまに出くわしますが、同じ専門家としては、ちょっと残念な感じがしてしまいます。後継者が本物の経営者へ成長していくのはこれからですよ。

③専門的な方法論は教えてくれるが、大きな方向性についてのアドバイスはない。

専門家は各論は知識があるのでたくさん教えてくれます。相続税の話とか不動産、会計、事業価値の話とか・・・。でも、事業承継ってもっと大きいもの。次の世代につないで、また次の世代につないで、次の世代につないで・・・ そういうものですよね。

専門家が経営者と後継者と一緒にその将来について考えなければ、いったいどんな事業承継のアドバイスをするのでしょう。小手先のアドバイスだけでは、大きな将来は描けません。

④譲る側(現経営者)の視点ばかりで、受け取る側(後継者)の視点が抜けてる

事業承継アドバイスの依頼を受けるのは大抵が現経営者からですし、報酬をいただくのも現経営者からということになると、現経営者が最終的にうまくいく方法を考えます。これは当たり前のことですし、致し方ないところです。ただ、だからといって受け取る側の視点が抜けてはだめです。これからの企業を背負うのは後継者ですから、事業承継の主役は後継者でなければなりません。

事業承継は、「経営者が後継者に受け継ぐ」ものではなく、「後継者が経営者から受け継ぐ」ものと考えましょう。え・・何が違うかって?主役が違うんです。

⑤事業承継と経営の可能性を広げてくれない。

事業承継を点で考えると、いかにして現経営者と後継者をうまく引き継がせるかという点に注力してしまいますが、事業承継はその機会を生かすか殺すかで、その後事業が大きく発展することもありますし、逆に衰退して、  しまいには大変なことになってしまう可能性もあります。

事業承継は、その取り組み自体で企業価値を高め、将来の可能性を広げる活動にも成り得るのです。

 

※コンテンツby 軍師アカデミー

 

いかがでしたでしょうか?

不安や悩みがあるので、専門家に相談するのは良いことですが、その専門家選びを間違えると、逆効果になってしまいます。下手したら、もっと苦労することになってしまうかもしれません。

 

じゃあ、どうすりゃいいの?だれに相談すればいいの?と思われた方・・・

この後継者の学校のパートナーブログは、後継者が事業承継するヒントがたくさん詰まっていますので、

毎日お読みいただければ、何かをつかめるかもしれません。

 

もっと、聞きたいという方は直接ご連絡いただければ、後継者の学校のパートナーが無料で御相談に応じます。

 

 

また、ブログを見て,ちょっと後継者の学校勉強をしたいなと思った後継者の方

後継者の学校で同じ境遇の後継者の仲間と共に学んでみませんか?

プログラム内容については下記から詳細をご覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://school-k.jp/program

 

プログラム参加はちょっとなあ・・・という方は、
まず、後継者インタビューを受けてみてはいかがですか?

無料で受けられて、気持ちがすっきりするとのお声をいただいております。

後継者インタビューについては下記から詳細をご覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://school-k.jp/interview/

 

「後継者を導く江田島平八」
後継者の学校代表の大川原基剛でした。

後継者の学校の代表が語る「後継者の学校」が持つ意味 

 

私は、後継者のみなさんと同世代の38歳・・・・

そんな私が「後継者の学校」を作って本気で後継者支援をするようになったのは、3つの意味があります。

1つめは、後継者へ本気の経営支援をするため・・・

2つめは、同世代の後継者の仲間をサポートするため・・・

3つめは、 軍師アカデミーのノウハウを世の中に提供するため・・・

 

ご挨拶

みなさんこんにちは

後継者の学校の代表をしております、大川原基剛です。

 

この記事では、なぜ「後継者の学校」を作ったのか?その意味を私の経歴なども踏まえてお伝えしたいと思います。

 

私は、後継者のみなさんと同世代の38歳で、いわゆる就職氷河期を乗り越え、ロストジェネレーションと呼ばれ、バブル期世代の上司とゆとり世代の部下にはさまれ、組織の中で苦しい思いをしながら、ちゃくちゃくと未来を見据えて自分を高めていた世代です。

売上高100億円程の事業会社で財務や経営企画、経営参謀として、超成長期から崩壊寸前期、再生復活期を経営者と共に乗り切ってきました。そこでの様々な経営経験や中小企業診断士の知識やコンサルティングの師匠のノウハウを活かすかたちで経営者を支援するハンズオン型経営コンサルティング会社(株式会社BG)をつくり、いまでは私の経営支援パワーの中枢となっています。

 

得意分野は“経営参謀(軍師)”

主要スキルは“ビジネスファシリテーション”、“経営管理機能づくり”、“財務コンサルティング”など・・・

保有資格は、中小企業診断士など・・・

 

運営する会社は、

㈱後継者の学校 代表取締役(後継者支援専門会社)を中心に

http://school-k.jp/

㈱BG コンサルタント(ハンズオン型経営コンサルティング会社)

http://www.bg-inc.jp/

(一社)軍師アカデミー 理事(軍師力養成機関)

http://gunshi.or.jp/

などがあります。

 

後継者支援をするようになった3つの意味

そんな私が「後継者の学校」を作って本気で後継者支援をするようになったのは、3つの意味があります。

 

1つめは、後継者へ本気の経営支援をするため・・・

事業会社で経営参謀をし、その後経営者への経営支援をする過程で、経営者の生き様を目の当たりにし、その経営者の人生とって価値のある経営支援をしたいと強く想い、経営スキルを磨き上げてきました。

そして今度はその価値を、より悩みや不安が多様な同世代の後継者という立場の仲間に活かしてもらい、後継者の人生が飛躍するきっかけとなる存在として活動したいと考えています。

 

2つめは、同世代の後継者の仲間をサポートするため・・・

前述しましたが、私の年齢は38歳です。ちょうど事業承継する後継者と同じ世代になります。

私の古くからの友人にも最近会社を承継した人、3年後に会社を承継する人など、ちょうど30代前後で事業承継をする後継者が多く、後継者の学校に参加していただく後継者も30代前後の方々が中心になります。

そんな後継者は、勉強もして仕事もバリバリとこなす優秀なかたが多いと思う一方で、経営をするのは初めての方がほとんどで、経営者ってなにするの?経営ってどうするの?という本質の部分がまだ見えていないかたも多く、不安と悩みが心の奥底で渦巻いている状態だと思われます。

しかし、これからの時代は、後継者も含めたわれわれの30代前後の世代が市場をつくっていくことになります。

私はそれを後継者の仲間とわれわれとが共に成長することでつくっていきたいと考えています。

 

ちなみに、私の得意領域は経営参謀(軍師)です。

事業を推進していく力を持つ後継者とその経営を後方で支える参謀(軍師)が組み合わされば、最高のパフォーマンスを発揮すると考えています。

 

3つめは、 軍師アカデミーのノウハウを世の中に提供するため・・・

後継者の学校の講師や運営を構成するメンバーは、みな「軍師アカデミー」(http://gunshi.or.jp/)を修了し、共通価値の軍師ノウハウ習得した軍師認定コンサルタントのプロ軍師として経営者支援、後継者支援、事業承継支援などをしている仲間です。

軍師アカデミーが発信する価値は、事業承継や経営を進めていくうえで必要なシンプルだけど本質的なものです。ただ、本質的であるのに一般的に共有されていない価値ですし、他社が実施する後継者塾や経営塾とは大きく異なるところです。(例:相続≠事業承継・・・・・ この意味はお問い合わせください)

もっと多くの経営者・後継者がこの価値にふれることができたら、それがその方の運命の分かれ目になると信じており、それを市場へ発信して共有するための場所として後継者の学校を設立したのです。

 

以上のように後継者の学校は、1.後継者へ本気の経営支援をし、2.同世代の後継者のサポートをし、3.軍師の価値を提供・共有するための場所として設立しましが、

後継者の皆さまにとっては、a.後継者経営と事業承継の本質を学ぶ場、b.後継者同士で切磋琢磨する場.c.後継者が自ら経営者へ成長していく場、となる”学校”をイメージしています。

後継者は、ひとりでは事業承継に対峙して前にすすむときに不安や悩みがいろいろとあるかもしれません、そんなとき「後継者の学校」を思い出してください、われわれはどこまでも後継者の味方です。共に一歩前にすすんでいきましょう。

いつでもご相談ください。

 

2015年9月1日

株式会社後継者の学校

URL : http://school-k.jp/

代表取締役 大川原基剛

 

後継者の学校プログラムとは?

後継者の学校プログラムつの特徴

100%後継者のために研究されたNo1後継者育成プログラム

10数年にわたり【軍師アカデミー】で事業承継の本質を分析・研究し磨き上げられた、後継者の心技体を鍛える100%後継者のための育成プログラムです。

 

同世代の仲間と切磋琢磨できる環境

20代後半から30代の後継者と専門家が集まり、お互いに仲間としてライバルとして切磋琢磨できる環境をつくっています。

 

後継者の立場を十分に理解した軍師によるサポート

「軍師アカデミー」で互いに学び鍛えられた「後継者支援の専門家」が後継者の不安や期待を理解した同じ目線でサポートをさ
せていただきます。

 

失敗の構造を掘り下げる体験型研修

どうすれば成功に近づくかは、失敗の構造を理解して活かすことが必要です。このプログラムでは、事例をもとに失敗の経験を掘り下げて成功を導く、経営思考の体験をしていただきます。

 

短期集中プログラム

業務などで多忙な後継者に合わせて、短期で経営の本質と経営者となる覚悟をつくる、シンプルで本質的な短期集中プログラムです。

 

インプットとアウトプット

講義によるインプットだけでなく、グループセッションや個別面談でのアウトプットを組み合わせることで、学びを深めるだけでなく、それを自身の課題に活用できるようになります。

 

ひとりひとりのケアが充実した少人数制

1~10名の少人数制なので、ひとりひとりに合わせたフォローが充実しています。

 

高コストパフォーマンス

このプログラムは、経営者になるために身に付けておいていただきたい本質を凝縮していますので、他の経営者塾などと比較しても時間と資金を有効に活用するため成長投資効率が高いです。